下半身ダイエットのためのお風呂の入り方

毎日入るお風呂にも、下半身ダイエットへのポイントが潜んでいます。余分な脂肪を燃焼し、下半身を痩せやすくするためのお風呂の入り方をご紹介します。

・少しぬるめで長くつかる

下半身ダイエットのための入浴法の基本は、「ぬるめのお湯に長くつかる」ことです。半身浴に代表されるように、長時間の入浴は新陳代謝を高め、太りにくい身体をつくってくれます。

020

 ただし、あまりに熱いお湯に長くつかるのは、心臓や内臓に負担がかかってしまうため、よくありません。体温より少し高い38度前後の温度のお湯に、20分以上つかるようにしましょう。途中でお湯が冷めてきたら、お湯を足して温度を保つのもポイントです。

・湯船の中でマッサージ

下半身を集中的に痩せるために最も効果的なのが「湯の中でのマッサージ」です。脂肪を外側から温めた状態で、強い力でも揉みほぐすと、脂肪細胞が柔らかくなり分解しやすくなるのです。固くなった脂肪を分解する方法として、エステなどでも行われている施術です。
 その方法は簡単です。お湯の中につかった状態で、おなか周りや太もも、ふくらはぎなど、気になる部分のぜい肉をつかみます。そのまま力をこめてその脂肪をにぎり、ひねります。少し痛いくらいの力で構いません。脂肪細胞が柔らかくなり、代謝されやすくなります。

・シャワーで温冷交互浴

もちろん美容とダイエットのためには、毎日お湯につかるのが理想的です。とはいえ、忙しくてシャワーしかできない…という場合もありますよね。そんなときにおすすめなのが“温冷交互浴”です。

 温冷交互浴のはたらき
 血流がよくなり、体が芯から温まる
 自律神経を整える
 風邪予防の効果がある

熱いシャワーを全身に浴びた後、ぜい肉が気になる部位に冷たいシャワーをかけます。このとき、冷水だと負担が大きすぎるので、20度前後のシャワーにしましょう。そのあとまた熱いシャワーをかけるのを繰り返します。その部分の血流をよくし、代謝アップの効果が期待できます。

温度調節に注意!
シャワーの温度を変えるとき、お湯が安定する前は熱湯や冷水が出る可能性があります。一度、身体から離してから温度を調節するようにしましょう。