冷え性を引き起こす生活習慣

ダイエットの大敵である“冷え”は、意外な日常の行動や習慣によって引き起こされています。冷え性の原因を知り、予防のために役立てましょう。

・バランスの悪い食事

冷え性を引き起こす食生活と言えば、冷たい飲み物や食べ物ばかりを摂取して、身体が冷えることを思い浮かべる人が多いと思います。もちろん、冷たい食事は内臓を冷やしてしまう、冷え症の大敵。でも、冷えの原因となる食事は冷たいものだけじゃないんです。

栄養の偏りによって代謝機能が低下!
消化器官や代謝機能など、身体が正しく働くためには十分な栄養が必要です。バランスの悪い食生活で栄養が偏ってしまうと、代謝機能がうまく働かず、脂肪を分解できなくなってしまうのです。

・カフェイン摂取

コーヒーに代表されるカフェインを含む食品はたくさんあります。カフェインには覚醒効果の他に中毒性もあり、つい多く摂取してしまうという方は多いと思います。しかし、このカフェインこそダイエットの大敵。下半身太りを引き起こす一因なのです。

003

カフェインがあまり身体によくないというのは、よく知られていることです。胃腸を弱らせたり疲れやすくなるなど、様々な作用があります。なかでもダイエットに関連するのは、身体を冷やす効果があるということです。

 カフェインの血管収縮作用が血液の流れを阻害するために、身体が冷えてしまいます。冷え性の改善のために温かい飲み物を…と思っても、コーヒーなどは逆に身体を冷やしてしまうので要注意です。

・薄着による冷え

薄着だと身体が冷えるとわかっていても、現代の女性は肌の露出が多く、薄い生地の服を着ることが大変多いです。気を付ける必要がありますね。
 冷えを引き起こす服装

 サンダルや、足の甲を大きく露出させたパンプス
 薄い生地のスカート
 デコルテが大きく開いたトップス

特に、足元は要注意です。服装は毎日変えても、靴は同じものを履くことが多いですよね。足を冷やしてしまうようなサンダルやパンプスを履き続けていませんか?

・まとめ

意識していないようなことでも、冷え症につながってしまう生活習慣はたくさんあります。下半身ダイエットをはじめる前に、自分のライフスタイルが冷え性を引き起こしていないかもう一度確認してみましょう。