裏側&内側を引き締める!太ももトレーニング法

太ももの筋肉は、意識して鍛えないと衰えたままです。太ももを効果的に鍛え、引き締めるトレーニング法をご紹介します。

・うつぶせ寝足上げ

<下半身ダイエットのために知っておくべき太ももの構造>でご紹介した通り、太ももの裏側のハムストリングスは意識しなければ鍛えにくい部分です。そんなハムストリングスを集中的に鍛えるトレーニング法をご紹介します。
 うつぶせに寝た状態で、片足だけ曲げる

 曲げた足を、膝が曲がった状態のまま太ももごと持ち上げる

 そのまま10秒キープ

 ゆっくりと下ろして、足を入れ替えて同様に行う

 太ももの裏側に、強い負荷がかかるのが感じられると思います。慣れていないと足がつったりする恐れがあるので、キープする時間を短くしたり、持ち上げる角度を小さくするなどして自分に合った負荷でトレーニングしてくださいね。

・太もも用スクワット

スクワットは、正しい姿勢で行えば、背筋・腹筋・お尻・足の全てを鍛えられるとても効率のいいエクササイズの一つです。そのスクワットに一工夫取り入れることで、普段使われず鍛えにくい太ももの内側を鍛えることができます。

034

それは、太ももの間にタオルを挟んでスクワットするというという方法です。タオルを落とさないために太ももの内側の内転筋という筋肉が使われ、太ももの引き締めにつながります。

・四つん這い足上げ

 四つん這いになる

 片足をまっすぐ伸ばして持ち上げ、後ろに伸ばす

 そのまま10秒キープ

 足をゆっくりと下ろす

 左右の足を入れ替えて繰り返す

 これは、主に太ももの裏側の筋肉を鍛えるトレーニングです。しかし、やってみればわかりますが、地面についている片足はもちろん、腹筋やお尻にも負荷が感じられます。太ももの裏側を中心に、下半身全体の筋肉を効率よく鍛えられるトレーニング法なのです。

・まとめ

太ももの前側は日常生活でよく使われるため、しっかり発達していますが、裏側や内側はそうではありません。バランスがよく、代謝のいい太ももにするために、意識して集中的にトレーニングすることが必要なのです。

これらのトレーニング法を実践して、引き締まった美しい太ももを手に入れてくださいね。