下半身ダイエットのためのバランスボール活用法

バランスボールを使って、無理なく楽しくエクササイズする方法をご紹介します。自宅で簡単にできるトレーニングで、下半身を引き締めましょう。

043

・座った状態をキープする

 バランスボールを使ったエクササイズで最も簡単なのが“座るだけエクササイズ”です。バランスボールはその名の通り、やわらかいせいでバランスを取るのが難しく、座っているだけでも姿勢を保つために下半身に筋肉を使います。

 これなら、テレビを見ている時や雑誌を読むときなど、椅子の代わりに使って気軽にエクササイズを行うことができますね。難し動作や激しい動きが必要ないため、日常生活に取り入れて毎日取り組むことができる簡単エクササイズです。

・立ち上がる&座るを繰り返す

「座るだけ」という行為に慣れてきたら、今度はバランスボールを使って「立つ」と「座る」を繰り返してみましょう。

 バランスボールの前に、足を肩幅に開いて立つ

 後ろ手でバランスボールを抑えながら、ゆっくり腰を下ろす

 バランスボールにしっかり腰掛けて、5秒キープ

 またゆっくり立ち上がる

立ち上がり、また腰を下ろすというのはスクワットの動きに似ていますね。このエクササイズではバランスボールを使うので、普通にスクワットするよりも負荷を軽くして行うことができます。

 その代わり、バランスボールの上で姿勢を保つために下半身全体の筋肉がまんべんなく使われます。太ももやお尻を引き締めるために効果的なエクササイズです。

・お尻で跳ねる

 少し足を開いた状態でバランスボールの上に座り、上半身をバウンドさせてお尻で跳ねます。上半身があちこちに飛ばされてしまわないように、下半身の筋肉でしっかりとコントロールすることが必要です。

音楽やリズムに合わせて、エアロビのように行うのもおすすめです。楽しく下半身を鍛えることのできる、お気軽エクササイズです。周りに壊れて困る物や危険な物がないことを確かめてから行ってください。

・まとめ

バランスボールは、下半身全体に程度な負荷をかけ、楽しくトレーニングすることができるおすすめアイテムです。上手に使って、下半身を引き締めてくださいね。