知らなきゃ損する!下半身ダイエットと腹筋の関係

下半身を引き締めるうえで、実は腹筋が大きなカギを握っています。腹筋が衰えると下半身太りにつながってしまうメカニズムをご説明します。

046

・お腹の脂肪によって姿勢が崩れる

 脂肪がついて腹筋が弱っていると、どうしてもお腹を前に出さないと体勢が保てません。そのため、正しい姿勢が崩れてしまいます。ぽっこりお腹が前に出た姿勢は、身体をゆがませる原因であり、下半身にも悪影響を与えます。
腹筋の衰えたお腹の脂肪を支えるためには、筋力はあまり使われません。どうやって身体を支えるかというと、骨格に負荷をかけ、楽をして身体を支えようとしてしまうのです。そのため、お尻や太ももの筋肉も衰えてしまい、下半身全体に脂肪がつきやすくなってしまいます。

 腹筋が弱いと、それだけで下半身全体に脂肪をつける原因になってしまうのです。お腹に特化したダイエットをしたい方はお腹とウエストの部分痩せダイエットがおすすめです。

・骨盤のゆがみ

過剰なお腹の脂肪を支えることと、腹筋が衰えていることによって骨盤のゆがみが生じます。骨盤のゆがみが下半身太りを引き起こす仕組みについては<体の仕組みを紹介!下半身太りしてしまう原因>でご紹介している通りです。
腹筋のゆるんだお腹は、正しい姿勢を保つことができず、そのしわよせは骨盤に集まります。ゆがんだ骨盤では、下半身をうまく支えることができず、筋肉の加不足を生じて余分な脂肪をつけてしまいます。

 骨盤に余計な負担をかけないためにも、腹筋を鍛えることが必要なのです。

・トレーニングの効率が上がる

腹筋がきちんと発達している身体とそうでない身体では、スクワットやジョギングなどの下半身ダイエットのための運動を行った場合でも、その効率が全く違います。腹筋がきちんとついている方が、しっかり下半身を鍛えることができるのです。
 腹筋は、あらゆるトレーニングや運動に不可欠な筋肉です。腹筋が弱いまま他の部分のトレーニングを行っても、十分な効果は期待できません。効率的に筋トレを行うために、基本となる腹筋をしっかり発達させておく必要があるのです。

 腹筋をつけて、効果の高い下半身エクササイズを行いましょう。

・まとめ

太ももやふくらはぎとは関連の内容に思われる腹筋も、実は下半身ダイエットに密接に関連しているのです。下半身ダイエットのために、<腹筋と下半身を同時に鍛えるトレーニング法>で腹筋もしっかり鍛えておきましょう。